一坪館 海野十三

 今日は、海野十三の「一坪館」を配信します。縦書き表示で、全文読めますよ。
 戦争が終わったあと、源一という少年が、銀座で一坪の土地をもらいうけた、というところから物語が始まる小説です。
 海野十三は、あらゆる建物が焼け跡になって無惨に壊れているなか、人びとがふつうに生きているところを描きだしています。近代にSF小説を多数書いた作家の、焼け跡と少年の描写が印象に残りました。本文こうです。
quomark03 - 一坪館 海野十三
  人影一つ見えない。みんなどこへ行ってしまったのだろうか。
「ほほう。ぼくが今ここに店を出したら、ぼくは戦災後せんさいご復興ふっこうの一番のりをするわけだ。よし今日中に店を出そう」
 銀座復興の店開きの第一番を、少年がひきうけるのはゆかいではないかと源一はいよいようれしくなった。quomark end - 一坪館 海野十三
 
 作中、花屋をやって花を売るのが良いだろうという案を出した老翁の描写がみごとでした。海野十三の敗戦日記と並べて読むと学ぶところがあるように思いました。実際に見たものと空想を混ぜて描写することの、力強さを感じる作品に思いました。
quomark03 - 一坪館 海野十三
  銀座も、バラック建ながらだいぶん復興ふっこうした。
 進駐軍しんちゅうぐんの将校や、兵士たちがいきいきした表情で、ぶつかりそうな人通りをわけて歩いていく。quomark end - 一坪館 海野十三
 

0000 - 一坪館 海野十三

装画をクリックするか、ここから全文を読む。 (使い方はこちら) (無料オーディオブックの解説)
(総ページ数/約10頁 ロード時間/約10秒)