生きている看板 小川未明

 今日は、小川未明の「生きている看板」を公開します。縦書き表示で、全文読めますよ。
 シラーあるいはシルレルという詩人の名前よりも、作られた「メロス」という架空の人物のほうが良く知られるようになる、ということがままあると思います。小川未明はこんかい、生きているような作品について、みごとな童話にして記しています。
 

0000 - 生きている看板 小川未明

装画をクリックするか、ここから全文を読んでください。 (使い方はこちら) (無料オーディオブックの解説)
(総ページ数/約10頁 ロード時間/約10秒)
 
白眉の童話でした。