赤ずきんちゃん グリム兄弟

 今日は、グリム兄弟の「赤ずきんちゃん」を公開します。縦書き表示で、全文読めますよ。
 優れた文学は悪について描ききるものだと思うんですけど、悪を増幅させないわけで、犯罪を示唆しない。悪い言葉は、犯罪をするように仕向けてゆく。
 この違いがどのように現れているのか、グリム兄弟の童話は、幼い子どものための童話ですけれども、ものを教えることの根本的な方法が描かれているように思います。大人を説得できる寓話では無いのですが、幼子にものごとを教え聞かせるための技術が、みごとに思いました。大人になって読むと、寓喩の技法の周到さに感心する作品に思いました。
 

0000 - 赤ずきんちゃん グリム兄弟

装画をクリックするか、ここから全文を読んでください。 (使い方はこちら) (無料オーディオブックの解説)
(総ページ数/約10頁 ロード時間/約10秒)
 

 
 ★書籍&グッズを購入する★