にぎり飯 永井荷風

 今日は、永井荷風の「にぎり飯」を公開します。縦書き表示で、全文読めますよ。
 戦争中の焼け跡を歩く佐藤という男。家族を失った男女2人が出会って、炊き出しのにぎり飯をもらい、のちに再会して恋愛が生じている……ということが永井荷風の精妙な描写で自然に描きだされていて、すごい小説でした。
 1944年の戦時中とかは、このあとどういうことになるのかさっぱり分からないわけで、それが事後に見ると、オチが分かっているわけで、そうするとその渦中の時代になにが重大だったのかが見えてくるわけで、永井荷風が戦後数年たったあとに、戦中のことを書く、というのがなんだが興味深かったです。オチが分かると、渦中の時代の意味が見えてくるというのか、文学は結末が判ってからでも、かえって興味深い作品があるように、思いました。安産の祈願をするシーンがほんの少し挿入されているんです。永井荷風はそこに感動をもたらそうとは思っていないはずなんですけれども、鎮魂と慰霊の描写がどうも、感慨深かったです。
 

0000 - にぎり飯 永井荷風

装画をクリックするか、ここから全文を読んでください。 (使い方はこちら) (無料オーディオブックの解説)
(総ページ数/約10頁 ロード時間/約10秒)