ほうき一本 宮本百合子

 今日は、宮本百合子の「ほうき一本」を公開します。縦書き表示で、全文読めますよ。
 戦後すぐの日本における、食糧難や生活必需品の不足について、宮本百合子がこの随筆に書いています。後半の記述が印象に残りました。
 じつは餓死者が21世紀になっても日本では多いらしいのです。統計では年間1900人くらいで1995年ごろの2倍ほど居て、さらに栄養失調などによる死者もあわせると、年間で1万7000人近くが、餓死で亡くなってしまっているらしいです。

0000 - ほうき一本 宮本百合子

装画をクリックするか、こちらから全文をお読みください。 (使い方はこちら)
(総ページ数/約10頁 ロード時間/約10秒)