偶言 津田左右吉

 今日は、津田左右吉の「偶言」を公開します。縦書き表示で、全文読めますよ。
 日本の伝統美は、淡泊なものが多いと考えられてきた。濃艶で華麗なものがいったいどこでどのように歴史の渦の中で、封じられてきてしまったかを、津田左右吉が検討しています。この記述が印象に残りました。
quomark03 - 偶言 津田左右吉
  気力の横逸し、生命の緊張した時代には随分力の強い、規模の大きい芸術が生まれている。過去ですら、そうであった。おとなしい、いわゆる上品な、さっぱりした趣味のみを将来に期待するのは大なる誤りである。quomark end - 偶言 津田左右吉
 

0000 - 偶言 津田左右吉

装画をクリックするか、ここから全文をお読みください。 (使い方はこちら)
(総ページ数/約10頁 ロード時間/約10秒)