古江 高濱虚子

 今日は、高濱虚子の「古江」を公開します。縦書き表示で、全文読めますよ。
 水売舟というのは、水を売っている船だそうで、日本でも飲料水を売る仕事というのがあったそうです。
 どこのはなしなのかというと、どうも長良川の河口の長島のはなしのようで、この小さな小島はあたかもヴェネチアのような、日本の水上都市だったようです。
 金だらいをつかって、川辺で洗濯をしている風景。当時の女の仕事を、高浜虚子が記しています。
 舟がてきとうに放置されている、下駄を脱ぎ捨てたかのように、置かれている。そういう風景画でした。

0000 - 古江 高濱虚子

装画をクリックするか、ここから全文を読んでください。 (使い方はこちら) (無料オーディオブックの解説)
(総ページ数/約10頁 ロード時間/約10秒)