夢日記 A. キングスフォード

 今日は、アンナ・キングスフォードの「夢日記」を公開します。縦書き表示で、全文読めますよ。
 夢の物語というと夏目漱石の「夢十夜」がお薦めなのですが、漱石のは文学者らしく、物語を加工し整えて美しくする工程があきらかにあって、夢の、野方図で生々しい表現は抑えられています。アンナ・キングスフォードの夢日記は、じっさいに見た夢のことを仔細に記していて、ちょっとなんというか、100年前の学者の夢の中に迷い込んだような迫力がありました。映画的な悪夢の記述があるのですが、学者らしく戦争の歴史と深い繋がりがあるようで、そのような注釈を読むのも興味深かったです。ぼくは自分の夢というと動物的な快不快の記憶ばかりなのですが、学者は見る夢まで理知的なんだとか思いました。
 第二夜「素敵な眼鏡」という短編の夢物語が面白く「やぎさんゆうびん」みたいな珍事なのに、それが知的に描きだされるんです。野方図な夢の中でも、賢いのかと……。第十五夜の「老いた若者」がなんだかすごい。二十四の謎めいた夢の物語です。
  

0000 - 夢日記 A. キングスフォード

装画をクリックするか、ここから全文を読んでください。 (使い方はこちら) (無料オーディオブックの解説)
(総ページ数/約10頁 ロード時間/約10秒)
 
(※この翻訳は、「クリエイティブ・コモンズ 表示 3.0 非移植 ライセンス」によって公開されています。くわしくは本文の底本をご覧ください。)