寺町 岩本素白

 今日は、岩本素白の「寺町」を公開します。縦書き表示で、全文読めますよ。
 これは東京の山の手にある『御府内八十八箇所』の寺がある風景を描写した随筆です。岩本素白という作家の文章を初めて読んだのですが、近代の日本画を鑑賞するような、平熱の情景描写が特徴的で、苦についてほとんど述べることなく生老病死を淡々と記しているのが印象に残りました。
 

0000 - 寺町 岩本素白

装画をクリックするか、ここから全文を読んでください。 (使い方はこちら) (無料オーディオブックの解説)
(総ページ数/約10頁 ロード時間/約10秒)