庭をつくる人 室生犀星

 今日は、室生犀星の「庭をつくる人」を公開します。縦書き表示で、全文読めますよ。
 室生犀星が、庭のことについて語っているのですが、今では社寺の庭園でしか見られないような、庭の池や小川のことを語っていて、すてきな随筆でした。室生犀星はこう記します。
quomark03 - 庭をつくる人 室生犀星
  燈籠が木と木との隙から木の葉の蒼みより最もっと深い蒼みで、すれすれに姿をかくしているのは清幽限り無きものである。quomark end - 庭をつくる人 室生犀星
 

0000 - 庭をつくる人 室生犀星

装画をクリックするか、ここから全文を読んでください。 (使い方はこちら)
(総ページ数/約10頁 ロード時間/約10秒)