感想家の生れでるために 坂口安吾

 今日は、坂口安吾の「感想家の生れでるために」を公開します。縦書き表示で、全文読めますよ。
 文学に向かいあうときの所信について、とうの文学者が書いていて、これは参考になるなあと思いました。本の読書は、ひとり楽しむ世界だから、一人一党、という坂口安吾の言葉がすてきでした。
 ウィトゲンシュタインが、哲学の概念のほとんどは思考不可能なものごとを思考可能であるかのように記しているので、それはもはや語りえぬことであるから「沈黙するしかない」というようなことを言っていたのですが、坂口安吾による批評家への考察は、なんだかそういう大胆な仮説に貫かれていておもしろかったです。
 

0000 - 感想家の生れでるために 坂口安吾

装画をクリックするか、ここから全文を読んでください。 (使い方はこちら) (無料オーディオブックの解説)
(総ページ数/約10頁 ロード時間/約10秒)