狂言『食道楽』 北大路魯山人

 今日は、北大路魯山人の狂言『食道楽』を公開します。縦書き表示で、全文読めますよ。
 食の道楽について、目と鼻と口と耳と手たちがいろんな議論を繰り広げるという……奇妙な短編小説なんですけど、美を探求した陶芸家の魯山人が書いているので、やっぱり食のことを目と手で、語るところが念入りに記されています。
 wikipediaと近代文学は相性が良いと思うんです。小説をwikipediaと同時に読むと面白いのは、仮想や空想の連なりの中から、どこが実感的に書かれた、事実に近いところなのか、観察したり推理したりして考察できる余地が生じて、それが魅力なのでは、と思いました。

0000 - 狂言『食道楽』 北大路魯山人

装画をクリックするか、ここから全文を読んでください。 (使い方はこちら) (無料オーディオブックの解説)
(総ページ数/約10頁 ロード時間/約10秒)
 
追記  ネットで検索をしてみると、魯山人の陶芸作品が日本の美術館でいろいろ展示されていて、観に行けるようです。