病院風景 寺田寅彦

 今日は、寺田寅彦の「病院風景」を公開します。縦書き表示で、全文読めますよ。
 これは百年前の病院について記した随筆です。寺田寅彦の文体が見事なんだと思います。病院とその周辺で起きる日常的な現象を、ことこまかに明記してゆきます。中盤で動物実験に関する人道的見解も、ほんのすこし記されていました。最後の一頁で唐突に寺田寅彦の思いが記されています。普段の寺田寅彦ならここまで感情を込めて書かないのではないか、『文学青年』という文芸誌を創刊した人々の熱意に後押しされて、このおわりの三行を書いたのではないかと思いました。
 

0000 - 病院風景 寺田寅彦

装画をクリックするか、ここから全文を読んでください。 (使い方はこちら) (無料オーディオブックの解説)
(総ページ数/約10頁 ロード時間/約10秒)
 

 
 ★書籍&グッズを購入する★