秋と漫歩 萩原朔太郎

 今日は、萩原朔太郎の「秋と漫歩」を公開します。縦書き表示で、全文読めますよ。
 近代作家は、現代人とかなり似た家や町に住んで同じ現代語を使っているのにもかかわらず、平均寿命から見ても明らかにこう……自然界の力をほとんど古代人と同じくらい直接に受けていてつねに貧困と隣りあわせで、そこから文学性が生まれているところが特徴だと思います。萩原朔太郎はこう記します。本文こうです。
quomark03 - 秋と漫歩 萩原朔太郎
  冬は紙の家の設備に対して、寒さがすこしひどすぎる。(しかもその紙の家でなければ、夏の暑さがしのげないのだ。)quomark end - 秋と漫歩 萩原朔太郎
 
 散歩をしているうちに浮浪する、自分の住み家のすぐそばで漂流する詩人の日々が記されています。
 

0000 - 秋と漫歩 萩原朔太郎

装画をクリックするか、ここから全文を読んでください。 (使い方はこちら) (無料オーディオブックの解説)
(総ページ数/約10頁 ロード時間/約10秒)