赤い牛 田中貢太郎

 今日は、田中貢太郎の「赤い牛」を公開します。縦書き表示で、全文読めますよ。
 現実とは思えないことをかつて父から聞いた、そのことについて、作家の田中貢太郎が語っています。父の性格から言って、意図的なウソは含まれていないわけで、そうなるとこの赤い牛がとつぜん現れた、という話は、現実にはいったいどういう状態だったのか。分からないまま終わって、謎が謎のまま提示されているのがなんだかおもしろいと思いました。
   

0000 - 赤い牛 田中貢太郎

装画をクリックするか、ここから全文を読んでください。 (使い方はこちら) (無料オーディオブックの解説)
(総ページ数/約10頁 ロード時間/約10秒)