麦畑 宮本百合子

 今日は、宮本百合子の「麦畑」を公開します。縦書き表示で、全文読めますよ。
 宮本百合子が古い故郷の女たちを描いている随筆です。うこぎ、という植物を生け垣にしておいて、それをお味噌汁に入れて食べるそうです。食べられる垣根というのは不思議な感じがします。それから百年くらい前に女たちが好んでいた占いについて書いています。近未来のできごとをなぜか言いあてる占い、偶然にもよく当たる占いについて、農作業をしながら話している……。

0000 - 麦畑 宮本百合子

装画をクリックするか、ここから全文を読んでください。 (使い方はこちら) (無料オーディオブックの解説)
(総ページ数/約10頁 ロード時間/約10秒)
 

追記  ポロックでもデュシャンでも、偶然を上手く活かすのが美術の重要な技法ですけれども、占いや、恋愛や交流や未来について考えることも、この偶然性というのをどう活かすかにかかっているのでは、とか思いました。