秋の瞳 八木重吉

 今日は、八木重吉の「秋の瞳」を公開します。縦書き表示で、全文読めますよ。
 八木重吉はこの詩集に四十数回「かなしみ」と記しています。それが青空や焔にかかったり、季節の様相を表すのに用いられています。自分の知っている言葉とは異なるように使われていて、読むたびに新鮮であると思いました。八木重吉は、同じ言葉を繰り返し使うことが特徴的で、変奏曲のようにかなしみ、という言葉を用いているのが美しく思いました。
 

0000 - 秋の瞳 八木重吉

装画をクリックするか、ここから全文を読んでください。 (使い方はこちら) (無料オーディオブックの解説)
(総ページ数/約10頁 ロード時間/約10秒)