破壊 加藤一夫

 今日は、加藤一夫の「破壊」を公開します。縦書き表示で、全文読めますよ。
 これは一頁の詩なのですが、ぼくにとっては難しい内容で、十八世紀のフランスで起きたような、正真正銘の革命、のようなものについて記しています。トルストイからの影響を強く受け、農業と思想とキリスト教について考えを深めた作家、なのだそうです。代表作は『土の叫び地の囁き』で、これはいちおうネットでも画像データで読むことが可能です。「生命は流れる水」という加藤一夫の詩の言葉に共感しました。
 

0000 - 破壊 加藤一夫

装画をクリックするか、ここから全文を読んでください。 (使い方はこちら) (無料オーディオブックの解説)
(総ページ数/約10頁 ロード時間/約10秒)