鈍走記 竹内浩三

 今日は、竹内浩三の「鈍走記」を公開します。縦書き表示で、全文読めますよ。
 ぼくは今回、はじめて竹内浩三という名前を知りました。この人は敗戦の寸前まで生きた詩人で、戦前と戦中だけを生きた……日大で映画を学んでいた青年だそうです。
 遁走とんそうというと逃げ出すことを意味するのですけれど、この詩の題名は、鈍走です。のろく走る……。この短い詩だけを読むと、なんだかユーモラスな作品のように思えました。他の詩はどんななのでしょうか。この詩の言葉が印象に残りました。
quomark03 - 鈍走記 竹内浩三
  おれは、人間という宿命みたいなものをかついで鈍走する。すでに、スタアトはきられた。quomark end - 鈍走記 竹内浩三
 

縦書き文庫の装画

装画をクリックするか、こちらから全文をお読みください。 (使い方はこちら)
(総ページ数/約10頁 ロード時間/約10秒)