論語物語(10) 下村湖人

 今日は、下村湖人の「論語物語」その10を公開します。縦書き表示で、全文読めますよ。
 大廟の祭典という「最も重要な祭典」の指導者に、ついに孔子が推薦されたんです。孔子はその祭典の現場にゆくとなぜか、儀式のこまかな進行について、ほとんど誰でも知っているようなことをひとつひとつ質問し続けたんです。そのために周りに居た人びとはちょっと呆れてしまった。一番弟子の子路は孔子にたいしてもうちょっと威厳のある立振舞をしてほしいと苦言を呈しました。このとき、孔子はこういうように述べています。
quomark03 - 論語物語(10) 下村湖人
 礼は敬しみに始まって、調和に終らなければならない。然るに、今日私が皆さんにお訊ねした結果、皆さんのお気持を害したとすると、私のどこかに、礼に叶わないところがあったのかも知れない。quomark end - 論語物語(10) 下村湖人
 
 それから、今回は論語の重要な方針が記されていて『子曰く、学んで思わずば則ちくらし。思うて学ばずば則ちあやうし』ということについて論じられていました。下村湖人はこういう現代語で書いています。 
quomark03 - 論語物語(10) 下村湖人
 学問に大切なことは、学ぶことと考えることだ。学んだだけで考えないと、道理の中心が掴めない。だからいつも行き当りばったりだ。(略)むろん考えただけで学ばないのもいけない。自分の主観だけに捉われて、先人の教えを無視するのは、丁度一本橋を渡るように危いことだ。quomark end - 論語物語(10) 下村湖人
 
 孔子は「自分を誇示したい念が急なために生じた」思い、というのを問題視しているんです。それはまさに「生命の真の願いを自ら暗ますものだ。そしてそれが人間をして無知ならしめる最大の原因だ」と孔子は述べているんです。孔子にとってとても重要な弟子である子路でさえ、そういう間違った思いを抱くことがある、それを孔子が戒めていました。
 論語は、子供のために現代語に要約された児童書も多いんです。下村湖人は誰にでも読めるやさしい日本語で書いているんですけど、とくにこの箇所に対する細心の注意を払って物語を構成しているように、思いました。(そのためにちょっと野暮ったい内容になっているところがあると思うんです)
 

0000 - 論語物語(10) 下村湖人

装画をクリックするか、ここから全文を読んでください。 (使い方はこちら)
(総ページ数/約10頁 ロード時間/約10秒)
★『論語物語』をはじめから最後まですべて読む(※大容量で重いです)
『論語』はこちら(※論語の原文に近い日本語訳です)