論語物語(15) 下村湖人

 今日は、下村湖人の「論語物語」その15を公開します。縦書き表示で、全文読めますよ。
 詩とはどういうものかを、孔子が論じているのがおもしろく「人間に人生を見る眼を与えてくれる。人と共に生きるこころを養ってくれる」これが詩だというんです。さらに「また怨み心を美しく表現する技術さえ教えてくれる」とも孔子は言います。
 それから学問にかんして「聞きたがる心というものは、その人の軽薄さを示すだけで、別に大した効能はない」と述べていて、これもなんだかずいぶん高度なことを言うなあと思いました。ふつう、ちゃんと調べるとか聞く耳を持つというのは重大なことだと思うんですけれども、そういえば本物の哲学者は、検索をして答えを調べるということさえせず、時間をかけて考える、らしいです。ぼくは検索をし続けるのが好きなんですけど。
 

0000 - 論語物語(15) 下村湖人

装画をクリックするか、ここから全文を読んでください。 (使い方はこちら)
(総ページ数/約10頁 ロード時間/約10秒)
★『論語物語』をはじめから最後まですべて読む(※大容量で重いです)
『論語』はこちら(※論語の原文に近い日本語訳です)