論語物語(24) 下村湖人

 今日は、下村湖人の「論語物語」その24を公開します。縦書き表示で、全文読めますよ。
 今回は、病に陥った孔子を見舞って、憔悴する子路の姿が描きだされます。子路は戦国の武将のごとき勇ましい男だった。孔子の教えを受けて孔子とともに生きることで、子路は「鬼神に」たよるのではなく「人に仕え」て生きる道を歩んでいった。
 孔子と子路が「祈り」について論じあうのが印象に残りました。今回の第二十四章は物語の終盤を描きだす、みごとな内容でした。
 wikipediaの「誄」の頁も参考になりました。

0000 - 論語物語(24) 下村湖人

装画をクリックするか、ここから全文を読んでください。 (使い方はこちら)
(総ページ数/約10頁 ロード時間/約10秒)
★『論語物語』をはじめから最後まですべて読む(※大容量で重いです)
『論語』はこちら(※論語の原文に近い日本語訳です)