野分(8) 夏目漱石

 今日は、夏目漱石の「野分」その(8)を公開します。縦書き表示で、全文読めますよ。
 蛸薬師という謎の存在について、ぼくは気になったことがいちども無かったのですけれども、漱石がこの蛸寺のことをちょっと書いていたので、はじめて調べてみました。病におちいった母が蛸を食べたいというので、それを手に入れてきた。だが僧が蛸を食うとはどういうことだと問いつめられた。ところがそれがありがたい経典に変化したという……。分かるような分からないような逸話を発見しました。
 高柳君と道也先生でちがうのは、世間の事細かな事象に敏感であるかどうか、など、さまざまにあるんです。それを漱石が比較して書いてゆきます。道也先生は「かえりみるのいとま」がなくて本業だけに意識が集中しているんです。いっぽうで高柳君は、あらゆることを知ろうとしすぎている。
 今作の「野分」では、嵐や台風はとくに生じないのですが、やはり風が作中にあまたに描写されます。ここが漱石の散文詩なんだと思って読むこともできます。これを鑑賞するのも面白さのひとつだと思いました。それから漱石の病の描写は漱石の実体験も混じっているはずで、迫力のある描写に思いました。
「野分」がどういう小説か知りたいけれども、全文を読む時間がない場合は、とりあえずこの第八話だけを読んでみると、漱石文学がどういうものか、あるていど分かると思います。
 

0000 - 野分(8) 夏目漱石

装画をクリックするか、ここから全文を読んでください。 (使い方はこちら) (無料オーディオブックの解説)
(総ページ数/約10頁 ロード時間/約10秒)
「野分」全文をはじめから最後まで通読する(大容量で重いです)