ゲーテ詩集(10)

 今日は「ゲーテ詩集」その10を公開します。縦書き表示で読めますよ。
 幼子のやる変身の遊びを、大人が出来るようにする……というのも近代詩のひとつの特徴のように思いました。変身譚の文学は古典的むかしばなしには多いと思うのですが、ゲーテは恋愛と変身というのを混在させて描きます。ファウストでも復活と恋愛とが入り混じっているシーンが印象的でした。今回はとくにお薦めの詩に思います。
  

0000 - ゲーテ詩集(10)

装画をクリックするか、ここから全文を読んでください。 (使い方はこちら) (無料オーディオブックの解説)
(総ページ数/約10頁 ロード時間/約10秒)
 
全文を読むにはこちらをクリックしてください