ゲーテ詩集(14)

 今日は「ゲーテ詩集」その14を公開します。縦書き表示で読めますよ。
 ゲーテは祖国のゲルマン神話を現代文学に甦らせることを辞めることにして、ギリシャ神話を文学にとりいれる、ということを熱心にやった作家で、今回はその洒脱な技法が詩になっていました。
 いま生きている「若紳士」と、神話のパリスが二重写しになっているのが洒脱に思いました。
 

0000 - ゲーテ詩集(14)

装画をクリックするか、ここから全文を読んでください。 (使い方はこちら) (無料オーディオブックの解説)
(総ページ数/約10頁 ロード時間/約10秒)
 
全文を読むにはこちらをクリックしてください