ゲーテ詩集(31)

 今日は「ゲーテ詩集」その31を公開します。縦書き表示で読めますよ。
 季節の影響がはげしい時代のほうが、自然界を言葉で表現するのが上手くて優れているはずで、なんとなく見てきた自然界というのを、こんな言葉にするのかというのを学べるのが古典の魅力の一つかと思います。天と陸の詩がみごとでした……。
  

0000 - ゲーテ詩集(31)

装画をクリックするか、ここから全文を読んでください。 (使い方はこちら) (無料オーディオブックの解説)
(総ページ数/約10頁 ロード時間/約10秒)
  
全文を読むにはこちらをクリックしてください