ゲーテ詩集(7)

 今日は、「ゲーテ詩集」その7を公開します。縦書き表示で読めますよ。
 古い文学は今よりも自然界との関わりと愛念が色濃かったわけで、これをどう言葉で表現しているのかを見てゆくのが、現代作品では読めない面白さなんだと思います。いまコロナが減少傾向で、もうすこし経てばまた自由に行動できる時期がやってくると思うのですが、それを期待しつつ自然界を旅する詩を読みました。
  

0000 - ゲーテ詩集(7)

装画をクリックするか、ここから全文を読んでください。 (使い方はこちら) (無料オーディオブックの解説)
(総ページ数/約10頁 ロード時間/約10秒)
 
全文を読むにはこちらをクリックしてください