ゲーテ詩集(8)

 今日は「ゲーテ詩集」その8を公開します。縦書き表示で読めますよ。
 今回のは底抜けに明るい詩で、そういう気分じゃ無い状況の自分が読んでみて、呆気にとられてしまいました。聡明な男の、無闇に華美な話しを目の前で聞いたみたいな感覚になりました。ゲーテはおそらく晩年までみずみずしい感性を失わなかったのではないかと、いうように思いました。
 

0000 - ゲーテ詩集(8)

装画をクリックするか、ここから全文を読んでください。 (使い方はこちら) (無料オーディオブックの解説)
(総ページ数/約10頁 ロード時間/約10秒)
 
全文を読むにはこちらをクリックしてください