晶子詩篇全集拾遺(15)

 今日は、与謝野晶子の「晶子詩篇全集拾遺」その(15)を公開します。縦書き表示で、全文読めますよ。
 どこで聞いたのかどうもちょっと思い出せないんですけど、形容詞を2回つづけるのは表現として良くない、修飾を減らしてシンプルな文章を書いたほうが良いというハナシがあったのをおぼえていて、それでも文学には形容詞を畳みかける文体というのがたしかにあって、普通は記されないような方法で書くのが、文学の1つの特徴なのかな、と思いました。
 「白きたおやかな峰」とか、文学的な言葉づかいに思います。
「小やかな軽き朝飯」ってココだけを抜き出してみると奇妙なんですけれども、詩のはじめからさいごまで読むと華麗な印象の詩になっていました。
 

縦書き文庫の装画

装画をクリックするか、こちらから全文をお読みください。 (使い方はこちら)
(総ページ数/約5頁 ロード時間/約10秒)
★はじめから最後まで全文を通読する(大容量で重いです)