晶子詩篇全集拾遺(16)

 今日は、与謝野晶子の「晶子詩篇全集拾遺」その(16)を公開します。縦書き表示で、全文読めますよ。
 パリを旅行中の与謝野寛(鉄幹)のことを描いた詩がいくつかあって、読んでいておもしろかったです。
 「白金プラチナ色の月」とか「輝紅ピンクの濡れ色」とか「青玉色エメラルドの長い裾」というように、色彩の記述が印象的でした。今こういうサイトがあって、日本や西洋にはどういう名前の色があるのかを調べられるようになってるんです。
 

0000 - 晶子詩篇全集拾遺(16)

装画をクリックするか、こちらから全文を読んでください。 (使い方はこちら)
(総ページ数/約5頁 ロード時間/約10秒)
★はじめから最後まで全文を通読する(大容量で重いです)