晶子詩篇全集拾遺(26)

 今日は、与謝野晶子の「晶子詩篇全集拾遺」その(26)を公開します。縦書き表示で、全文読めますよ。
 今ぐうぜん与謝野晶子の祝いの詩を読んでいっているんですけど、なんだか奇妙なことに気がつくんです。与謝野晶子は「うれしきもの」を描いていってその「うれし」さの対象がけっきょく「水浅葱」に向かってゆき、話しの中心におもしろい空洞があるんです。それで、今の時期に読んでいても読める。そういう構造の詩なのではないかとか、思いました。
 

0000 - 晶子詩篇全集拾遺(26)

装画をクリックするか、こちらから全文を読んでください。 (使い方はこちら)
(総ページ数/約5頁 ロード時間/約10秒)
★はじめから最後まで全文を通読する(大容量で重いです)