晶子詩篇全集拾遺(27)

 今日は、与謝野晶子の「晶子詩篇全集拾遺」その(27)を公開します。縦書き表示で、全文読めますよ。
 今回の与謝野晶子は1918年のことを描いています。wikipediaで1918の年表を見ていって、与謝野晶子は史実のどこに着眼してこの詩を書いたのか、想像しながら読みすすめました。
quomark03 - 晶子詩篇全集拾遺(27)
うすくれなゐの薔薇さきぬ、
人よ、来てへ、この日頃。
我等が交す言の葉に
燃ゆる命の有り無しは
花に比べて知りぬべし。quomark end - 晶子詩篇全集拾遺(27)
 

0000 - 晶子詩篇全集拾遺(27)

装画をクリックするか、こちらから全文を読んでください。 (使い方はこちら)
(総ページ数/約5頁 ロード時間/約10秒)
★はじめから最後まで全文を通読する(大容量で重いです)