晶子詩篇全集拾遺(37)

 今日は、与謝野晶子の「晶子詩篇全集拾遺」その(37)を公開します。縦書き表示で、全文読めますよ。
 「光る栗の実」という詩がすてきで、小学校の高学年になるまえに習う言葉をつかって、こんなに美しい詩が書ける、というのがすごいと思うんですが……与謝野晶子の見ている世界に価値があるのであって、言葉づかいについてはじつはこのような詩では問題になっていないのかもしれない、この詩の文を文学と無関係なAIがこう自動生成しても、感心をするのだろうか、もし感心してしまった場合は、いったいなにに感応しているのか、どうなんだろうか、と思いました。
 

0000 - 晶子詩篇全集拾遺(37)

装画をクリックするか、ここから全文を読んでください。 (使い方はこちら)
(総ページ数/約5頁 ロード時間/約10秒)
★はじめから最後まで全文を通読する(大容量で重いです)