晶子詩篇全集拾遺(53)

 今日は、与謝野晶子の「晶子詩篇全集拾遺」その(53)を公開します。縦書き表示で、全文読めますよ。
 小鳥のくわえているものが何であるのかまで観察してその暮らしを想像している与謝野晶子の、描きだす詩世界を堪能できる作品でした。こんかい詩に描かれているのはこの小鳥でした。
 

0000 - 晶子詩篇全集拾遺(53)

装画をクリックするか、ここから全文を読んでください。 (使い方はこちら)
(総ページ数/約5頁 ロード時間/約10秒)
★はじめから最後まで全文を通読する(大容量で重いです)
 

 
 ★書籍を購入する★