晶子詩篇全集拾遺(56)

 今日は、与謝野晶子の「晶子詩篇全集拾遺」その(56)を公開します。縦書き表示で、全文読めますよ。
 今回は、飢えたひよ鳥が描きだされた詩でした。食の不足をみなで解決せねばならない時代は、今よりも集団の結びつきが色濃かったわけで、慢性的な飢えのある時代から飽食の世界に至る一歩手前の時代に、与謝野晶子は生きていた、と思いました。

0000 - 晶子詩篇全集拾遺(56)

装画をクリックするか、ここから全文を読んでください。 (使い方はこちら)
(総ページ数/約5頁 ロード時間/約10秒)
★はじめから最後まで全文を通読する(大容量で重いです)
 

 
 ★書籍&グッズを購入する★