父の婚礼 上司小剣

 今日は、上司小剣の「父の婚礼」を公開します。縦書き表示で、全文読めますよ。
 古い小説の魅力の一つに、現代人の生き方とはまるで異なる世界に接することができる、というのがあると思います。それで現実世界の隣人との付き合いとはちがって、俯瞰して落ちついて見ることが出来る、というのがあると思うんです。
 古い文学は現代と距離感があって、時代が変わっているのでいわば毒が抜けている……と思っていたのですけれども、この上司小剣という奇妙な名前の作家の本を読むと、まるで自分の家族が悪夢を訴えかけてくるくらい、ギョッとすることがいくつも書いているんです。百年前の世間が書かれているはずなのに、いま読んでも生々しいんです。これはいったいどういうことなんだと思って調べてみると、いまコレを純文学として読む一般的な読者というのはほとんど居ないみたいなんです。なんというか、戦中戦前だけの世界観ですし。それから田舎の古い習俗と世間に生きてきたこの上司小剣は、のちに読売新聞の編集局長にまでなった大人物なんだそうです。それで世間のことをものすごくよく知っていて、百年後のいま読んでも、空恐ろしいくらい生々しい小説になっているようです。
 四章で、平七の妻が主人公の少年にいたずらをするのですけれども、これもずいぶん露骨なんです。
 主人公の、母への想いの描写が、人情味のある描写でした。主人公の九歳年上の「お時さん」という人が、父親と結婚をすることになった。
 父の家族と、隣人の平七夫婦。良い気配と悪い気配、新しいことと古いこと、こういったものを交互にあざなえるように描くのが上手いんだと思いました。
 

0000 - 父の婚礼 上司小剣

装画をクリックするか、ここから全文を読んでください。 (使い方はこちら) (無料オーディオブックの解説)
(総ページ数/約10頁 ロード時間/約10秒)
 
 

不連続殺人事件 坂口安吾

 今日は、坂口安吾の「不連続殺人事件」を公開します。縦書き表示で、全文読めますよ。
 これは坂口安吾が戦後すぐに発表した娯楽小説なんです。安吾本人が作中に「附記」としてこう書いています。
quomark03 - 不連続殺人事件 坂口安吾
 作者の意図するところは、皆さんに、知的な娯楽を提供し、クソ面白くもない世の中に、何日、何時間か、たのしい休養のゲームを贈り物し、一つ無邪気にシカメッ面のシワの洗濯をやりましょう、という微意にほかなりません。quomark end - 不連続殺人事件 坂口安吾
 
 「不連続殺人事件」はかなり長い小説なんですけれども、前半は謎解きという感じはまったく無くて、奇態な人々が夏に、豪華な山荘に集まってきて、夜な夜な扇情的なパーティーをする物語が展開します。
 警察の対応がけっこうおもしろいんですよ。それなりに科学的手法をもって論理的に犯人さがしが行われる、けれどもそういった手法ではまったく犯人に辿りつかずに、事件は次々に起こってしまう。警官はちゃんと要所要所で見張りをしているんです。けれども犯行はその裏をついて行われてしまう。主人公「私」の友人の「巨勢博士」というニックネームの男が、この一連の事件の謎解きをするわけなんですけれども、読者であるぼくには犯人がまったく分かりませんでした。ちょっとあまりにも事件が込み入っていて、何をどう考えたら良いのかさっぱり判らない。
 けっこうエンターテイメントに徹していて、作中に「附記」として坂口安吾が出てきて、いろいろ書くのが面白かったです。太宰治まで出てくるんですよ。純文学者が娯楽を作ったら、こんなにすごいことになるのか、と驚きました。
「人間は五十年の命ですから、イヤな奴と和平の必要はないですよ」とか、作中でかっこ良いことがいろいろ書かれていて読んでいて楽しいんです。
 よく、連続殺人が起きていて犯人を捕まえられない警察は無能だとか、いうふうに思いがちなんですが、正しいことはたいてい後手後手で動いてゆくしかないわけで、こういう事件を物語の展開でみてゆくと、とてもじゃないけど、謎の犯人までたどりつけそうにない、と思いました。
 二十二章の終わりに、いよいよ、謎解きの本番が始まるのですけど、ぼくは今、ここまで読み終えて、装画を作っていって原稿をアップロードしているところです。しょうじき犯人は、まったく分からなかったです。賢い読者と流し読み読者で、たいそう差がついちゃうんだなあと、ちょっとショックでした。
 推理小説と言えば読者をミスリードさせている、というのが大前提だと思うんですけど、今回は事態があまりにも多すぎて、ぼくにはさっぱり判らなかったです。坂口安吾は二十二章で、こう書いています。
quomark03 - 不連続殺人事件 坂口安吾
 今回をもって、皆さんの解答をいただく順となりました。
 犯人の名前だけ当てたって、ダメですよ。法廷へ持ちだして、起訴することができるだけの、推理がなければ、いけません。quomark end - 不連続殺人事件 坂口安吾
 
 wikipediaによれば、江戸川乱歩がこの不連続殺人事件を絶賛していて「日本の純文学作家の探偵小説は谷崎潤一郎、佐藤春夫両氏の二三の作など極く少数の例外を除いて、見るに足るものがなく、(中略)見事にこの定説を破ってみせ、ある意味では我々探偵作家を瞠目せしめたと云っていい」、「トリックに於いては内外を通じて前例の無い新形式が考案されていた」と書いているんです。読み終えてみると、かなり正統な仕掛けでした。
 犯人は双子だったとか、同姓同名の人間が二人いたのだとか、じつは死人があらかじめ準備しておいた犯行を実現できてしまったのではないかとか、いろいろ奇抜な反則技について勘ぐってみたのですが、まったく状況を読み解けないまま、最後の事件が立ち現れてしまいました……。以下はネタバレなので、未読の方は読み飛ばしてください。(坂口安吾はあくまでも正統に推理小説を展開していて、トリックとしては、犯人像を心理的に誤認してしまう、屈強で野卑な男の犯行だろうと思い込んでしまう、被害者っぽさが誇張されていて容疑者から除外してしまう、そういう一般的な心理の間隙をついた、盲点のところに犯人が立っていた、というのが真相でした。)
 

0000 - 不連続殺人事件 坂口安吾

装画をクリックするか、ここから全文を読んでください。 (使い方はこちら) (無料オーディオブックの解説)
(総ページ数/約300頁 ロード時間/約10秒)
 

まぼろし 国木田独歩

 今日は、国木田独歩の「まぼろし」を公開します。縦書き表示で、全文読めますよ。
 ぼくは今回はじめて、独歩のこの小説を読んでみました。wikipediaには独歩について、こう書いていました。
quomark03 - まぼろし 国木田独歩 
  友人の田山花袋は、独歩の人生を一文字で表すなら「窮」であると……quomark end - まぼろし 国木田独歩
 
 おわりの五行が印象的でした。

0000 - まぼろし 国木田独歩

装画をクリックするか、ここから全文を読んでください。 (使い方はこちら) (無料オーディオブックの解説)
(総ページ数/約10頁 ロード時間/約10秒)
 

最後の胡弓弾き 新美南吉

 今日は、新美南吉の「最後の胡弓弾き」を公開します。縦書き表示で、全文読めますよ。
 旧正月になると、木之助はいとこの松次郎と二人で、胡弓の演奏をしてお捻りをもらう、旅芸人のようなことをしていた。木之助は胡弓を弾くことが好きになって、これを毎年やっていた。味噌屋の主人がこの伝統的な芸をする少年を気に入って、毎年家に招きいれてごちそうをおごっていた。
 それが……年を経るにしたがって、旧正月に胡弓の演奏を聴く習慣が無くなっていった。相方の松次郎はもう辞めてしまった。木之助はそれでも一人で旧正月には胡弓を弾いて旅をした。本文こうです。
quomark03 - 最後の胡弓弾き 新美南吉
  木之助は仕方がないので一人でゆくことにきめた。自分の身についた芸を、松次郎のように生かそうとしないことは木之助には解らなかった。quomark end - 最後の胡弓弾き 新美南吉
 
 このあとの展開を読んでゆくと、辞めるのにはそれなりの理由があるもんだと思いました。新美南吉と言えば、童話がもっとも有名だと思うんですが、今回のは完全に大人向けで、終盤がもの悲しいです。
 中国の二胡というのはほんとに音色が美しくて好きで、なんどか聞いたことがあったのですが、胡弓は日本の伝統楽器なのに、あまり聴く機会が無いんです。youtubeにもどうも胡弓の音楽は商業ベースの作品としては、ほとんど存在していないです。この胡弓の動画がなんだか音質がよかったです。
 

0000 - 最後の胡弓弾き 新美南吉

装画をクリックするか、ここから全文を読んでください。 (使い方はこちら) (無料オーディオブックの解説)
(総ページ数/約10頁 ロード時間/約10秒)
 

わが町 織田作之助

 今日は、織田作之助の「わが町」を公開します。縦書き表示で、全文読めますよ。
 今回は、日本が帝国主義と植民地政策を行っていた時代の、マニラに生きた人びとの物語です。バギオやバターンという地名が出てくるのですが、日本の帝国主義が終局に於いてもたらしたものは「バターン死の行進」日本軍の餓死者というような事態の連続だったのですが……織田作之助はその数十年前の状況を描いています。植民地政策の時代の日本人がどうやって暮らして、どのような不幸があって、なにを考えて生きていったかを丁寧に描いてゆくんです。明治三十七年(一九〇四年)から昭和にかけてのマニラと日本の出来事です。
 日本からマニラへの移民は、はじめは農民や炭鉱労働者などが主体で、開拓の仕事をやるために行ったんです。それが織田作之助が書くように「移民というよりは」「避難民めいた」状況で、「すべては約束とちがっていた」「脚気のために死んだ者が九十三人であった。マラリヤ、コレラ、赤痢」などの病で次々に亡くなっていった。
 二輪車で「客を拾って、他吉が走りだすと、君枝はよちよち随いて来た」。「マニラで死んだこの娘の父親がいまこの娘と一しょに走っているのだという気持」で祖父の他吉は、孫娘の君枝を育てていた。
 貧困と事故の問題が、現代の物語よりも深く考察されているように思いました。君枝という主人公の活発な生き方の描写がみごとで、これはおそらく、織田作之助の家族が実際に明るいから、ここまでリアルに描けるのだろうと思いました。終盤に、船の引き揚げの仕事をしているのですが、夫婦で働く姿の描写がすごかったです。この「わが町」という作品は新藤兼人監督のお師匠である溝口健二がつくった映画を小説にした作品なのだそうです。
 

0000 - わが町 織田作之助

装画をクリックするか、ここから全文を読んでください。 (使い方はこちら) (無料オーディオブックの解説)
(総ページ数/約10頁 ロード時間/約10秒)
 

放し鰻 岡本綺堂

 今日は、岡本綺堂の「放し鰻」を公開します。縦書き表示で、全文読めますよ。
 岡本綺堂は、倫理や道徳という縛りから、あきらかに外れているところがあって、それで先の展開が読めずに興味をひかれるんだと思います。それでいて明治や江戸の人情みたいなところが中心に描かれていたりもする。読み終えてから平吉がどういうミスをしちゃったのかなと思ってもういちど読んでみたんですけど、他人を信頼する時に、とても雑なところがあって、そこが原因でいろんなことが起きている。岡本綺堂の本を読んでいると、俗世間に生きる処世訓を説いた「菜根譚」のことをすこぶる思いだすんです。おそらく岡本綺堂が、世間の荒波というのを熟知しているから、そこで古典と共鳴をするんだと思います。

0000 - 放し鰻 岡本綺堂

装画をクリックするか、ここから全文を読んでください。 (使い方はこちら) (無料オーディオブックの解説)
(総ページ数/約10頁 ロード時間/約10秒)
 

鳥 横光利一

 今日は、横光利一の「鳥」を公開します。縦書き表示で、全文読めますよ。
 これはいろいろ奇妙な小説なんです。まず改行処理とかが無いのがよくわからないです。ストーリーとしては、漱石がよく書いた、男女の三角関係を描いているんですけど、なんだか関係性のねじれがすごいんです。
 近代文学の魅力は、未成熟な社会とぶつかって原始的な問題で悩んでいる登場人物たちが描きだされる、そこにヒントや気づきがある、というところがあると思うんですけど……どうも今この2020年の4月に読むと、いまの社会の方が、もっと厳しいんじゃないかとか、普段と逆の感想になるんです。作中に描かれているような、嫉妬とか他者との関係に悩むというのは、けっこうぜいたくな話しなんだなとか、思いました。 
 人間関係がねじれ続けて、三回転くらいして意味不明になっている、その描写がおもしろかったです。本文こうです。
quomark03 - 鳥 横光利一
  Qが陰でひそかに私の悪口をいったことが、今は私に彼への尊敬の念を増さしめるだけとなった。quomark end - 鳥 横光利一
 
 ふつう悪口を言われたらキライになるのに、これが一八〇度転倒して……どんどん意味不明な感情が描かれるようになる。このあとの終盤の展開がおもしろかったです。
 

0000 - 鳥 横光利一

装画をクリックするか、ここから全文を読んでください。 (使い方はこちら)
(総ページ数/約10頁 ロード時間/約10秒)
 

ねむることにした 井口可奈

 今日は、井口可奈の「ねむることにした」と「あるいはパッションフルーツ」の二作を公開します。縦書き表示で、全文読めますよ。
 これは、歌人で小説家の井口可奈さんから原稿をいただいた、現代小説です。「あるいはパッションフルーツ」は第五回林芙美子文学賞最終候補作で、「ねむることにした」は最新作です。お楽しみください。
 

kana02sleep - ねむることにした 井口可奈

装画をクリックするか、ここから全文をお読みください。 (使い方はこちら)
(総ページ数/約50頁 ロード時間/約10秒)
 

kana01fruit - ねむることにした 井口可奈

装画をクリックするか、ここから全文をお読みください。 (使い方はこちら)
(総ページ数/約100頁 ロード時間/約10秒)
 
 
明かりの本では、新作小説やエッセーや、古典の翻訳作品など、オリジナル原稿を募集しています。
くわしくはこちら。
 
 

猫 渋澤怜

 今日は、渋澤怜さんの現代小説「猫」を公開します。縦書き表示で、全文読めますよ。
 これは小説家で日本語教師の渋澤怜さんから原稿をいただいた作品です。
 猫と東京とベトナムにかんするエッセーです。お楽しみください。
 

0000 - 猫 渋澤怜

装画をクリックするか、ここから全文を読んでください。 (使い方はこちら)
(総ページ数/約30頁 ロード時間/約10秒)
 
 
 
明かりの本では、新作小説やエッセーや、古典の翻訳作品など、オリジナル原稿を募集しております。
くわしくはこちら。
 
 

父の死 久米正雄

 今日は、久米正雄の「父の死」を公開します。縦書き表示で、全文読めますよ。
 作家の久米正雄が、自分の幼い頃の、父との思い出を書いています。序盤は架空の小説なのかなと思って読んだのですが、ほぼ実話の個人史を描いた作品らしいです。
 平生の暮らしを書くところの文章表現が、どこか漱石の作品に似ているように思うんですけど、じっさいに久米正雄は漱石と深い関係にあったそうです。23歳のころに、漱石が『模倣と独立』という講演をしたのを聞いて、その数年後に漱石の門下生になって、漱石から手紙をもらったりしています。次回は『模倣と独立』を読んでみようと思います。この小説を発表した十カ月後に漱石は亡くなっています。漱石よりも文章が直接的なところが多いんです。それでかえって、当時の衛生の悪さや今では考えられない世相が目に見えてきて、近代の死生観や現代日本の起源が、なんだか垣間見えるような気がして、漱石を読む上でも、なんだか当時の社会を知る立体的な資料としての価値がある、ように思えました。wikipediaを見ると、久米正雄は通俗小説を書いた作家だそうです。幼い頃に家でこういうことがあって、そのご長命で無事に生きたというのはすごいな……と思いました。
 本文とまったく関係が無いんですけど、同時代の哲学者ウィトゲンシュタインの家族にも不幸があったわけで、ぼくはウィトゲンシュタインの生き方にものすごく興味があるんですけれども、当時の日本では、個人主義よりも身内を結びつけるところに大きな意義を見出していたのだろうと思いました。
 

0000 - 父の死 久米正雄

装画をクリックするか、ここから全文を読んでください。 (使い方はこちら)
(総ページ数/約10頁 ロード時間/約10秒)
 

火繩銃 江戸川乱歩

 今日は、江戸川乱歩の「火繩銃」を公開します。縦書き表示で、全文読めますよ。
 ぼくはむかし真本格推理小説というのにハマっていて、今回の江戸川乱歩の小説は、ややそれの原形みたいなところがあるように思いました。本格推理には、世間から隔離された館や、鍵のかかった密室というのがよく登場すると思うんですけど、今回の「火縄銃」はまさにそういう設定でした。本文こうです。
quomark03 - 火繩銃 江戸川乱歩
  日頃探偵狂の橘が、こんな事件にぶッつかって安閑あんかんとしている筈がない。永い間姿を隠していたのは、その間に何か真相をあば手掛てがかりつかんだのか、あるいは証拠がための為めに奔走ほんそうしていたに違いないと思った……quomark end - 火繩銃 江戸川乱歩
 
 中盤で、探偵役のたちばなが急に意外なことを言って、そこから先がおもしろかったです。「あの部屋のテーブルの上に、風変りな花瓶があっただろう。あれがつまり証拠さ」という謎めいた言葉が、終盤の1ページの驚きの真相に、繋がっていました……。ちょっとネタバレぎみですみません。
 

0000 - 火繩銃 江戸川乱歩

装画をクリックするか、ここから全文をお読みください。 (使い方はこちら)
(総ページ数/約10頁 ロード時間/約10秒)