父の死 久米正雄

 今日は、久米正雄の「父の死」を公開します。縦書き表示で、全文読めますよ。
 作家の久米正雄が、自分の幼い頃の、父との思い出を書いています。序盤は架空の小説なのかなと思って読んだのですが、ほぼ実話の個人史を描いた作品らしいです。
 平生の暮らしを書くところの文章表現が、どこか漱石の作品に似ているように思うんですけど、じっさいに久米正雄は漱石と深い関係にあったそうです。23歳のころに、漱石が『模倣と独立』という講演をしたのを聞いて、その数年後に漱石の門下生になって、漱石から手紙をもらったりしています。次回は『模倣と独立』を読んでみようと思います。この小説を発表した十カ月後に漱石は亡くなっています。漱石よりも文章が直接的なところが多いんです。それでかえって、当時の衛生の悪さや今では考えられない世相が目に見えてきて、近代の死生観や現代日本の起源が、なんだか垣間見えるような気がして、漱石を読む上でも、なんだか当時の社会を知る立体的な資料としての価値がある、ように思えました。wikipediaを見ると、久米正雄は通俗小説を書いた作家だそうです。幼い頃に家でこういうことがあって、そのご長命で無事に生きたというのはすごいな……と思いました。
 本文とまったく関係が無いんですけど、同時代の哲学者ウィトゲンシュタインの一家にも親族に不幸があったわけで、ぼくはウィトゲンシュタインの生き方にものすごく興味があるんですけれども、当時の日本では、個人主義よりも身内を結びつけるところに大きな意義を見出していたのだろうと思いました。
 

縦書き文庫の装画

装画をクリックするか、こちらから全文をお読みください。 (使い方はこちら)
(総ページ数/約10頁 ロード時間/約10秒)
 

火繩銃 江戸川乱歩

 今日は、江戸川乱歩の「火繩銃」を公開します。縦書き表示で、全文読めますよ。
 ぼくはむかし真本格推理小説というのにハマっていて、今回の江戸川乱歩の小説は、ややそれの原形みたいなところがあるように思いました。本格推理には、世間から隔離された館や、鍵のかかった密室というのがよく登場すると思うんですけど、今回の「火縄銃」はまさにそういう設定でした。本文こうです。
quomark03 - 火繩銃 江戸川乱歩
  日頃探偵狂の橘が、こんな事件にぶッつかって安閑あんかんとしている筈がない。永い間姿を隠していたのは、その間に何か真相をあば手掛てがかりつかんだのか、あるいは証拠がための為めに奔走ほんそうしていたに違いないと思った……quomark end - 火繩銃 江戸川乱歩
 
 中盤で、探偵役のたちばなが急に意外なことを言って、そこから先がおもしろかったです。「あの部屋のテーブルの上に、風変りな花瓶があっただろう。あれがつまり証拠さ」という謎めいた言葉が、終盤の1ページの驚きの真相に、繋がっていました……。ちょっとネタバレぎみですみません。
 

縦書き文庫の装画

装画をクリックするか、こちらから全文をお読みください。 (使い方はこちら)
(総ページ数/約10頁 ロード時間/約10秒)