あそび 森鴎外

 今日は、森鴎外の「あそび」を公開します。縦書き表示で、全文読めますよ。
 これは官吏の日常を描いた、小説なんです。軍人でありながら、仕事とはべつに芸術をつくっていった森鴎外の、独特な眼差しがあるように思いました。木村という主人公も、公務員でありながら文学芸術をやっている。作中で、ヘルマンバールルーズベルトのことをちょっと論じていました。
 主人公の木村は「始終晴々としている」んです。おもしろいこともない場面で楽しんで暮らしている。べつに自他をあざむいているわけではない。なぜなのか。
 学校の暗記の勉強とかを楽しそうにやっている、煩雑な仕事をいつも笑いながらやっている人がじっさいに居ますけど、そういう人の心理状態が、森鴎外によって記されていて、なるほどと思うところがありました。
 

0000 - あそび 森鴎外

装画をクリックするか、ここから全文を読んでください。 (使い方はこちら) (無料オーディオブックの解説)
(総ページ数/約10頁 ロード時間/約10秒)
 

老夫婦 黒島傳治

 今日は、黒島傳治の「老夫婦」を公開します。縦書き表示で、全文読めますよ。
 黒島伝治の作品は、小説と言うよりも、ドキュメンタリーかなにかの実話を文章化したような構成で、リアルなんです。
 貧しい家の子供が、学問をやりたい、学資をもらいたいと頼んできている。両親は農業でけんめいに稼いでおり資金上は苦労が絶えないのですが、子供が学問に打ちこんでいることを嬉しく思っている。だがその清三が病に臥してしまった。そのあとなんとか卒業して東京の会社に就職することができ、結婚もした。老夫婦は田舎の仕事を畳んで、東京の息子のところで暮らすことにした。
 これまでの野良仕事を思いだして、狭いところで庭いじりをしたりする。これが本格的すぎて、肥を肥料にしたりする。庭がふんぷんと匂ってしまう。この老夫婦がなんだかおもしろい。冬が明けてやっと東京見物をする。ところが休日も息子は仕事関係の付き合いで忙しい。土埃の舞うような東京の都心の、猛烈な人だかりの中で、夫婦二人で物見遊山してもどうもぐったりするだけである。それでこの二人の考える、こういうほうが良い、自分の仕事ができる場が良い、というオチのところの思いが、ずいぶん腑に落ちました。
 

0000 - 老夫婦 黒島傳治

装画をクリックするか、ここから全文を読んでください。 (使い方はこちら) (無料オーディオブックの解説)
(総ページ数/約10頁 ロード時間/約10秒)
 

途上 谷崎潤一郎

 今日は、谷崎潤一郎の「途上」を公開します。縦書き表示で、全文読めますよ。
 谷崎潤一郎といえばまんじがほんとにお薦めの作品なんですけど、「途上」はごく短い小説です。谷崎の文学は、できごとの詳細が異様であるにもかかわらず、なぜだかリアリティーがあって、その迫力におどろく、というのがあると思います。今回は探偵が登場して、事件の真相を語りはじめます。
 

0000 - 途上 谷崎潤一郎

装画をクリックするか、ここから全文を読んでください。 (使い方はこちら) (無料オーディオブックの解説)
(総ページ数/約10頁 ロード時間/約10秒)
 

断崖の錯覚 太宰治

 今日は、太宰治の「断崖の錯覚」を公開します。縦書き表示で、全文読めますよ。
 太宰治の別名義のペンネームで有名なものは「辻島衆二」というごく若い十代の頃につかっていたものがあるのですが、その他にも、辻魔首氏、小菅銀吉、大藤熊太、というのがあります。今回は、黒木舜平という作家名で推理小説を書いた、太宰治にしては珍しい作品なんです。叙述トリックのある推理小説では無いのですが、犯罪心理や罪の告白というのがあって、これはみごとに太宰治の作品だ、と思いました。
 

0000 - 断崖の錯覚 太宰治

装画をクリックするか、ここから全文を読んでください。 (使い方はこちら) (無料オーディオブックの解説)
(総ページ数/約10頁 ロード時間/約10秒)
 
追記
太宰治という筆名をはじめて使って発表した小説は「列車」という作品で24歳の頃のものだそうです。

姦 久生十蘭

 今日は、久生十蘭ひさお じゅうらんの「かしまし」を公開します。縦書き表示で、全文読めますよ。
 これは1950年あたりの日本の出来事を記した短編小説で、亡くなった、ということにして町を去ったはずの女が、なぜだかどうも生きて帰ってきている。女たちが電話で長話をしているのですけれども、ずいぶん面白いことを言っている。この物語の数年前の当時は、戸籍もあいまいだったし、生死の記録もあいまいだったようです。かしましい女たちの、虚実いりまじった話しがすごい迫力で、後半の起承転転転結という感じの展開がみごとでした。
 

0000 - 姦 久生十蘭

装画をクリックするか、ここから全文を読んでください。 (使い方はこちら) (無料オーディオブックの解説)
(総ページ数/約10頁 ロード時間/約10秒)
 

鬼 織田作之助

 今日は、織田作之助の「鬼」を公開します。縦書き表示で、全文読めますよ。
 戦時中で貯金も底をついて、喰うのもままならない、いかにも鬼が立ち現れてきそうな、そういう時代にいったいどのような鬼が出てくるのか、と思ったら、娯楽も言論もほとんど封じられてしまったころに、小説を書く仕事をしている男が居る。これがほんとに仕事の鬼で……オチの一言もすごい。鬼、という言葉を改めて辞書で調べてみると、知らなかった歴史のこともいくつか書いていました。

0000 - 鬼 織田作之助

装画をクリックするか、ここから全文を読んでください。 (使い方はこちら) (無料オーディオブックの解説)
(総ページ数/約10頁 ロード時間/約10秒)