晶子詩篇全集拾遺(67)

 今日は、与謝野晶子の「晶子詩篇全集拾遺」その(67)を公開します。縦書き表示で、全文読めますよ。
 20世紀の始まりころの武蔵野を描いた詩がすてきでした。当時は武蔵野から「燦爛たる星」が見え「つくづくと天のきを見上げて」いた……。
  

0000 - 晶子詩篇全集拾遺(67)

装画をクリックするか、ここから全文を読んでください。 (使い方はこちら)
(総ページ数/約5頁 ロード時間/約10秒)
★はじめから最後まで全文を通読する(大容量で重いです)
 

晶子詩篇全集拾遺(66)

 今日は、与謝野晶子の「晶子詩篇全集拾遺」その(66)を公開します。縦書き表示で、全文読めますよ。
 「暖炉」という詩がみごとに思いました。与謝野晶子にとって文学とは「みんな漂泊者で/新世界を探し/蒙昧を開拓し」うるもののことなのでは、と思いました。
  

0000 - 晶子詩篇全集拾遺(66)

装画をクリックするか、ここから全文を読んでください。 (使い方はこちら)
(総ページ数/約5頁 ロード時間/約10秒)
★はじめから最後まで全文を通読する(大容量で重いです)
 

晶子詩篇全集拾遺(65)

 今日は、与謝野晶子の「晶子詩篇全集拾遺」その(65)を公開します。縦書き表示で、全文読めますよ。
 由良之助というのは、忠臣蔵の大石内蔵助のことです。このほんとに与謝野晶子が書きそうにない、奇妙な詩について調べてみたのですけれども、どうもこれは忠臣蔵をとりあつかった落語の冗談をさらに現代化したちょっとした詩で、二重の冗談を書いた、ということなのだ、とわかりました。『走れメロス』のように、主人公(由良之助とか武蔵など)がだいじなところになかなかやって来ない、というのを、むかしの人はみんな知っていた……そうです。ぼくは知らなかったですけれども。
 それからもうひとつの「冬晴」という作品ですけれども、1933年(昭和8年)12月の詩をwikipediaの年表を見比べながら読んでみると、与謝野晶子の書く平和という言葉が重い意味を持つ時代だったのだと思いました。今回の詩は、「霧氷」における哲学的な問いかけもあって、ほんとお勧めなんです。離れてみると富士山は美しい、というのと百年経ってからみると与謝野晶子の詩歌が美しい、というのには論じるべき共通項がある。
  

0000 - 晶子詩篇全集拾遺(65)

装画をクリックするか、ここから全文を読んでください。 (使い方はこちら)
(総ページ数/約5頁 ロード時間/約10秒)
★はじめから最後まで全文を通読する(大容量で重いです)
 

晶子詩篇全集拾遺(64)

 今日は、与謝野晶子の「晶子詩篇全集拾遺」その(64)を公開します。縦書き表示で、全文読めますよ。
 ぼくは与謝野晶子の、家族と自然界を描いた詩歌が好きなのですけれども……今回のは謎めいた作品でした。軍靴の響きについて唐突に書いています。本文とあまり関係は無いのですが、漱石の「草枕」と、ゲーテの「ファウスト」の、終盤の展開で唐突に軍が現れるところは似ている、と思いました。
    

0000 - 晶子詩篇全集拾遺(64)

装画をクリックするか、ここから全文を読んでください。 (使い方はこちら)
(総ページ数/約5頁 ロード時間/約10秒)
★はじめから最後まで全文を通読する(大容量で重いです)
 

晶子詩篇全集拾遺(63)

 今日は、与謝野晶子の「晶子詩篇全集拾遺」その(63)を公開します。縦書き表示で、全文読めますよ。
 今回は七十歳になった徳富蘇峰の古希を祝う詩でした。それからもうひとつの 「衣通姫そとおりひめ」というのが不思議な詩で、古事記に記されている伝説をちょっと調べてみますと、あまりに美しいため衣を透過して光りかがやくような女性だったそうです。軽大娘皇女かるのおおいらつめという名前の女性で、あまりに美しいのである過ちにおちいって流罪となったのでした。そのうつくしき罪の場面にぐうぜん存在していた、蜘蛛の糸のことを、与謝野晶子が描きだしている。なんだかとても古典的な題材で、すてきな詩でした。
 

0000 - 晶子詩篇全集拾遺(63)

装画をクリックするか、ここから全文を読んでください。 (使い方はこちら)
(総ページ数/約5頁 ロード時間/約10秒)
★はじめから最後まで全文を通読する(大容量で重いです)
 

晶子詩篇全集拾遺(62)

 今日は、与謝野晶子の「晶子詩篇全集拾遺」その(62)を公開します。縦書き表示で、全文読めますよ。
 今回の戦争の詩は衝撃的でした。「塹壕は無いのだけれど」という一文に驚きました。同時代の哲学者の戦中日記の記述を思いだしました。

0000 - 晶子詩篇全集拾遺(62)

装画をクリックするか、ここから全文を読んでください。 (使い方はこちら)
(総ページ数/約5頁 ロード時間/約10秒)
★はじめから最後まで全文を通読する(大容量で重いです)