晶子詩篇全集拾遺(35)

 今日は、与謝野晶子の「晶子詩篇全集拾遺」その(35)を公開します。縦書き表示で、全文読めますよ。
 今回の「わが墓」という詩は不思議な作品で、与謝野晶子の詩歌が次の時代に残ってゆく、その過程を連想しました。子への愛をうたった詩も美しかったです。自身の言葉に対する冷徹な眼差しと、人間に対する思いの対比がすてきでした。
  

0000 - 晶子詩篇全集拾遺(35)

装画をクリックするか、ここから全文を読んでください。 (使い方はこちら)
(総ページ数/約5頁 ロード時間/約10秒)
★はじめから最後まで全文を通読する(大容量で重いです)
 

晶子詩篇全集拾遺(34)

晶子詩篇全集拾遺(33)

 今日は、与謝野晶子の「晶子詩篇全集拾遺」その(33)を公開します。縦書き表示で、全文読めますよ。
 現代人で詩集を読む習慣がある人は1パーセントにも満たないくらいだと思うんですけれども、じっさいに読んでみると、小説よりも自由な世界であることに驚きます。歌のように作られている詩もあれば、日記にしか見えない詩もあるし、映画の一場面のような詩もあれば、哲学書のような詩もあります。詩は構造上あまりにも自由すぎたので、詩集としての纏まりを保ちきれずに、音楽や日記やログや書物の中に浸透していって、現代では詩集という形式が霧消していったのではなかろうかと思いました。今回は、汽車の詩が印象に残りました。
 

0000 - 晶子詩篇全集拾遺(33)

装画をクリックするか、ここから全文を読んでください。 (使い方はこちら)
(総ページ数/約5頁 ロード時間/約10秒)
★はじめから最後まで全文を通読する(大容量で重いです)
 

晶子詩篇全集拾遺(32)

 今日は、与謝野晶子の「晶子詩篇全集拾遺」その(32)を公開します。縦書き表示で、全文読めますよ。
 与謝野晶子の詩を読むと、ふだん目にしている文章とちがって、言葉が美しく構成されていることにいつも驚きます。言葉だけで立体的な情景を描き出していて、画家にとってはこういった文学が、モチーフの宝庫なのだろう……と思いました。
 むつかしい言葉を調べてみました。
 悒欝

0000 - 晶子詩篇全集拾遺(32)

装画をクリックするか、ここから全文を読んでください。 (使い方はこちら)
(総ページ数/約5頁 ロード時間/約10秒)
★はじめから最後まで全文を通読する(大容量で重いです)
 

晶子詩篇全集拾遺(31)

 今日は、与謝野晶子の「晶子詩篇全集拾遺」その(31)を公開します。縦書き表示で、全文読めますよ。
 与謝野晶子は、短歌を詠むことが本業であって、随筆や詩は中心的な活動では無かったのかもしれないのですが、ぼくとしては与謝野晶子の詩と随筆は、なんだか勉強になるような気がしました。文学の勉強と言うよりも、なにか処世術やものの考え方を教えてくれる人、という感じがします。詩というと……とくに日本の詩歌は、絵画のように美しさを感じとるものだという印象が強かったのですが、与謝野晶子の詩を読みつづけていると、哲学者の論考を読んでいるような感覚になることがあるんです。
 与謝野晶子は当時の世相とはまったく異なっていて、恋愛感情について繰り返し描くのもすてきなんです。それから、漱石が描きだした「淋しさ」を巡る物語というのは、もしかすると与謝野晶子のこんかいの詩に触発されて、描くようになったんじゃないかとか、そういう空想をしました。
 むつかしい言葉を調べてみました
 ほた

0000 - 晶子詩篇全集拾遺(31)

装画をクリックするか、ここから全文を読んでください。 (使い方はこちら)
(総ページ数/約5頁 ロード時間/約10秒)
★はじめから最後まで全文を通読する(大容量で重いです)
 

晶子詩篇全集拾遺(30)

 今日は、与謝野晶子の「晶子詩篇全集拾遺」その(30)を公開します。縦書き表示で、全文読めますよ。
 今回は、太陽が登場する二つの詩でした。否定と肯定が交互に来るのも美しかったです。
 

0000 - 晶子詩篇全集拾遺(30)

装画をクリックするか、ここから全文を読んでください。 (使い方はこちら)
(総ページ数/約5頁 ロード時間/約10秒)
★はじめから最後まで全文を通読する(大容量で重いです)
 

晶子詩篇全集拾遺(29)

 今日は、与謝野晶子の「晶子詩篇全集拾遺」その(29)を公開します。縦書き表示で、全文読めますよ。
 この作品の題名は「詩篇全集拾遺」となっていて、宇治拾遺と同じ、拾遺という言葉が使われているのですけれども、この一連の薔薇の詩はまさに、拾遺のイメージに相応しいものだなと思いました。
 

0000 - 晶子詩篇全集拾遺(29)

装画をクリックするか、ここから全文を読んでください。 (使い方はこちら)
(総ページ数/約5頁 ロード時間/約10秒)
★はじめから最後まで全文を通読する(大容量で重いです)
 

晶子詩篇全集拾遺(28)

 今日は、与謝野晶子の「晶子詩篇全集拾遺」その(28)を公開します。縦書き表示で、全文読めますよ。
 今回は、薔薇の詩です。近代文学の魅力は、自然界への思い入れが現代よりも強いところだと思います。傘の描写が印象的な詩でした。
 
 むつかしい言葉を調べてみました。
 咽ぶ
 

0000 - 晶子詩篇全集拾遺(28)

装画をクリックするか、ここから全文を読んでください。 (使い方はこちら)
(総ページ数/約5頁 ロード時間/約10秒)
★はじめから最後まで全文を通読する(大容量で重いです)
 

晶子詩篇全集拾遺(27)

 今日は、与謝野晶子の「晶子詩篇全集拾遺」その(27)を公開します。縦書き表示で、全文読めますよ。
 今回の与謝野晶子は1918年のことを描いています。wikipediaで1918の年表を見ていって、与謝野晶子は史実のどこに着眼してこの詩を書いたのか、想像しながら読みすすめました。
quomark03 - 晶子詩篇全集拾遺(27)
うすくれなゐの薔薇さきぬ、
人よ、来てへ、この日頃。
我等が交す言の葉に
燃ゆる命の有り無しは
花に比べて知りぬべし。quomark end - 晶子詩篇全集拾遺(27)
 

0000 - 晶子詩篇全集拾遺(27)

装画をクリックするか、ここから全文を読んでください。 (使い方はこちら)
(総ページ数/約5頁 ロード時間/約10秒)
★はじめから最後まで全文を通読する(大容量で重いです)
 

晶子詩篇全集拾遺(26)

 今日は、与謝野晶子の「晶子詩篇全集拾遺」その(26)を公開します。縦書き表示で、全文読めますよ。
 今ぐうぜん与謝野晶子の祝いの詩を読んでいっているんですけど、なんだか奇妙なことに気がつくんです。与謝野晶子は「うれしきもの」を描いていってその「うれし」さの対象がけっきょく「水浅葱」に向かってゆき、話しの中心におもしろい空洞があるんです。それで、今の時期に読んでいても読める。そういう構造の詩なのではないかとか、思いました。
 

0000 - 晶子詩篇全集拾遺(26)

装画をクリックするか、ここから全文を読んでください。 (使い方はこちら)
(総ページ数/約5頁 ロード時間/約10秒)
★はじめから最後まで全文を通読する(大容量で重いです)
 

晶子詩篇全集拾遺(25)

 今日は、与謝野晶子の「晶子詩篇全集拾遺」その(25)を公開します。縦書き表示で、全文読めますよ。
 今回は祝いの詩と、花の詩が記されているのですが、明暗のバランスがつねに保たれていて、どのような読者にも伝わるような……みごとな詩集のように思いました。「ああ世界はしんとして居る」という詩の言葉が印象にのこりました。
 

0000 - 晶子詩篇全集拾遺(25)

装画をクリックするか、ここから全文を読んでください。 (使い方はこちら)
(総ページ数/約5頁 ロード時間/約10秒)
★はじめから最後まで全文を通読する(大容量で重いです)
 

晶子詩篇全集拾遺(24)