細雪(13) 谷崎潤一郎

 今日は、谷崎潤一郎の「細雪」その13を公開します。縦書き表示で、全文読めますよ。
 この物語の主人公である雪子の、顔のシミが体調によって色濃くなることがあるらしいのですが、今回、身体はいたって健康であることが、医院の健康診断で明らかになります。身体さえ健康なら、なにも気にする必要は無いのではと思うのはどうもちがうようで、みんな細細とした気配りをしています。雪子は今から誰と結婚するのかを決める時期なので、いろんな人が繊細な問題を気にしてしまいます。
 この小説の後半部分が書かれた1944年ごろはもう間違いなく日本史史上、最大の行き詰まりの時期だと思うんです。その時期に平和な破談や、人間関係の行き詰まりについてえんえん書くというのが、検閲と世相が最悪だったころに、谷崎潤一郎が選んだ創作なんです。
 ある破綻について世界中が注目しているときに、まったく異なる破綻のことを描いていったのでは、と思いました。平和に生きた人ならだれもがほぼ必ず行きあたる、人間関係の中絶のことが描かれるんですけど、明確な悪意とか明確な元凶があるから破綻するんだろう……と、てきとうに思っていたんですけど、そういう目に見える悪というのは特にないんですよ、今のところ。平和な行き詰まりを見てゆくほうが、じつは重大なんじゃないか、と思いました。
 今回、雪子のフィアンセ候補である瀬越は、数年前に、フランス人女性との恋愛で失敗してしまったらしいです。本文こうです。
quomark03 - 細雪(13) 谷崎潤一郎
 結局その婦人にあざむかれたらしいので、彼がホームシックにかかったのも、純日本趣味にあこがれるようになったのも、その反動であるquomark end - 細雪(13) 谷崎潤一郎
 
 おもしろい過去を持っているんですけど、とくに悪いことを考えている人ではないようです。雪子と瀬越の、この2人はいったいどうなるのか、というところで次回に続きます。
 

0000 - 細雪(13) 谷崎潤一郎

装画をクリックするか、ここから全文を読んでください。 (使い方はこちら) (無料オーディオブックの解説)
(総ページ数/約20頁 ロード時間/約10秒)
 
「細雪」の上中下巻、全巻を読む。(原稿用紙換算1683枚)
谷崎潤一郎『卍』を全文読む。 『陰翳礼賛』を読む。

■登場人物
蒔岡4姉妹 鶴子(長女)・幸子(娘は悦ちゃん)・雪子(きやんちゃん)・妙子(こいさん)