死せる魂 ゴーゴリ(10)

 今日は、ニコライ・ゴーゴリの「死せる魂」第10章を公開します。縦書き表示で、全文読めますよ。
 役人たちは、不安と焦燥でゲッソリ痩せ細った顔になった、というんです。原因は「新らしい地方総督」がやって来たというのと、チチコフが手に入れた、死せる農奴たちの400人もの名簿の存在、この2つでどうも、混乱してしまっているんです。
 こんかい、嘘つきのノズドュリョフというのがクローズアップされるんです。死せる魂を400も買い取ったチチコフにかんして「偽札造りの詐欺師」だとか「知事の娘を誘拐するつもりだ」とか「役人の不正を暴く審査官なのだ」とか、いろんな噂がさかんに生じて、お役人たちがみんな混乱してしまい、いちばん信用の出来ない相手ノズドュリョフに相談をしてしまいます。粗暴なノズドュリョフはこの小説では150回ほど記載されていて、いちばんはじめ前半2%あたりの第一章で、この男がギャンブルに興じているところが描かれていて、ここで人生ではじめて出逢ったことになっているんです。ところがこの終盤でノズドュリョフは、チチコフとは幼なじみだとかいうウソを平然と言います。前半40%の第4章ではノズドュリョフが第二の主人公というかチチコフの敵対者としてさかんに描かれています。その延長戦が今回、行われたわけです。
 あまたのウソの中から立ち現れてくる世界の様相というのの描写がみごとでした。新しい地方総督がやって来るという政治的変節のある時期に、チチコフが現出させたあまたの死人の鬼籍が存在すると、それが謎めいて見えてしまい、自分の仕事と関連付けて考えてしまうんです。自分の不誠実さが原因で、死んだ人たちが怒っているかもしれない、という不安があるんです。これまで「死んだ農奴たち」という意味で記されてきた「死せる魂」のほんらいの意味が立ち現れてきたように思います。死者はいったい、どう思っているのか……。
 それから、この第10章の終盤にもなって、新しい作中作が描きだされるんです。物語の中に描かれる、ちいさな物語です。ナポレオンのニセ伝記というのも語られ続けて、これが魅力的でした。片手片足を失った傷痍軍人がふるさとに帰ってきたら、暮らしてゆくだけの生活の手立てが無くなってしまっていた。実家はもう破産してしまっていた。現代では目に見える問題を抱えている人なら、国家から生活費をもらえるわけで、生存権という概念が存在しているんですけれども。ナポレオンの時代ではそうはゆかなかった。この果敢に闘った元軍人が、生きさせろというので、お役人たちに訴えを起こしまして、役人も国が原因で深手を負った男の言い分を理解して、この生存権だけはなんとか満たせるように、ギリギリの食費だけは与えることにした。ところが、彼はちゃんと幸福に生きさせろという訴えを起こしたのであって、終身刑の囚人みたいな最低限度すぎる生存権では満足できないので、怒りはじめたのです。ちょっとここは清貧のキリスト者がパンと水のみで飢えを耐え凌ぐような感じがあるわけです。フランス人みたいに良いワインを飲んで穏やかに色恋に興じたいわけです。おかみはそれを認めないので、たいへんなことになる。彼は役人連中のまえで暴れ回って、いずこかへ去ってゆきます。ゲーテも取り上げていた忘却のレテ川というのまでたちあらわれます。
 ウクライナ生まれのロシア人であるゴーゴリが描きだす、かつての敵国フランスの裕福さとナポレオンの偉大さについての描写は、なんだか哀れに逆転した世界観を見せつけられているようなかんじというのか、屈折した笑いが生じるような描写で、逆立ちして見たような歴史の不思議を感じさせる記載でした。
 街中ででたらめを言いふらす人々によって「チチコフはじつはかのナポレオンが変装した姿なんだ」という珍説まで飛び出します。これまでチチコフにはステキな噂が絶えなかったわけですが、敵対者ノズドュリョフの悪目立ちもあって、今回からついに、権力をもつ人たちはチチコフを避けるようになったのでした。じゃあチチコフはどうするのか、この問題に関わった人々はどうするのか、というので次回の「死せる魂」最終章に続くんです。作者ゴーゴリとしては第二部第三部の構想ももっていたんですが現実にはこの第一部しか完結していないんです。「死せる魂」といえば次回の第11章で完結なんです。
 次回こそが「死せる魂」の最後の章になるはずなんですが……これはもしかすると、未完の第二部があるのだから、もしかしてチチコフが、死せる魂を蒐集しつづけた意味と真相は、完全に文学史の闇の中へと消え去ってしまうのでは……と思いました。なんだか芥川龍之介の『藪の中』の展開に似てきたように思うんです。真相がそもそも見えない、一つの結論というのがそもそも存在しない、多重に意味が積み重なった世界が立ち現れてきました。本作ではゴーゴリは、神の視点で描いているので登場人物の内心もときおり書いているんです。作者は主人公チチコフ本人の本心というのをらくらく書けるはずなんですが、ゴーゴリは意外とそういうところが秘密主義で、ほとんど記さないんですよ。
 読者の自分としては、なにか推理小説の謎解きのような、はっきりとした結末を見たいわけです。じゅうぶんにこの世界を見てきたのだから、大団円を見たいんです。ゴーゴリはこの点をどう考えて、最終章を書くのでしょうか。次回に続きます。
 

0000 - 死せる魂 ゴーゴリ(10)

装画をクリックするか、ここから全文を読んでください。 (使い方はこちら) (無料オーディオブックの解説)
(総ページ数/約100頁 ロード時間/約10秒)
 
ゴーゴリの「死せる魂」第一章から第十一章まで全部読む
 
ゴーゴリの「外套」を読む